綺麗な歯並びを目指している人

口内を医師に見てもらおう

歯並びを気にしており、矯正に興味がある人はとりあえず医師に口内を見てもらうことをおすすめします。
矯正には複数の方法がありますが、どの方法を選択するかは歯並びの状態を見た上で医師が決めます。
歯が大きく曲がっている状態だったら、ワイヤー矯正しか選択できないと思ってください。
ワイヤー矯正は他の方法に比べて適応できる範囲が広く、確実に矯正できるでしょう。

しかし治療中は矯正器具が外れないよう、固い食べ物や粘り気のある食べ物を摂取しないように言われます。
医師から言われた注意事項は、必ず守ってください。
言われたことを守らずにそのような食べ物を摂取すると矯正器具が外れて、口内を傷つける恐れがあるので気を付けましょう。

痛みを感じやすい方法

ただワイヤー矯正は歯に力を加えて整える方法なので、痛みを感じると言われています。
痛みが大きくて我慢できない時は、すぐ医師に伝えてください。
すると医師は他の方法に変えたり、ワイヤーの位置を変えたりしてくれると思います。
また、矯正器具を付けていると目立ちます。
口を開いた時に周囲から矯正中だとすぐに気づかれるので、人目を気にする人や人前に出る機会が多い人にはおすすめできません。

自分の生活スタイルなども考慮して、医師に矯正方法を相談すると良いですね。
また正しく矯正するためには、治療に慣れている医師に任せてください。
経験が浅い医師ではトラブルが起こった時に対応できなかったり、矯正の方法を間違えたりする危険性があります。


シェアする

B!