心身に与える負担を減らそう

メリットが多い方法

マウスピースも、周囲から気づかれにくい方法だと言われています。
そこが1つ目のメリットですし、もっと大きなメリットは外せる部分でしょう。
ワイヤーはずっと付けたままなので、食事しにくいと感じたり、歯をうまく磨けなかったりするかもしれません。
すると歯に汚れが残って、虫歯や歯周病の原因になります。
不安な人はマウスピース矯正にして、歯磨きの時間にマウスピースを外してください。

またマウスピース適度に外せるので、心身の負担を削減できる面が嬉しいですね。
さらにワイヤーは、金属を使っています。
ですからどんなにワイヤー矯正が良いと言っても、金属アレルギーの人は使用できません。
マウスピースは素材に金属が含まれておらず、誰でも使用可能です。

自分で管理しなければいけない

矯正を始めることになったら、定期的にマウスピースを洗浄してください。
綺麗にすることで、口内環境の清潔な状態を維持できます。
洗浄が雑だったり、定期的に行っていなかったりすると口内に雑菌が溜まり、病気を発症します。
さらに、マウスピースは丁寧に扱いましょう。
無理な力を加えて取り外そうとすると、マウスピースが壊れる危険性があります。

すると歯にダメージを与え、さらに変な方向に曲がってしまうかもしれません。
矯正が失敗するので、正しい方法でマウスピースを着脱しましょう。
医師から着脱のポイントを聞き、歯医者で少し練習するのがおすすめです。
もしマウスピースが壊れたり傷ついたりしたら使わず、すぐ医師に作り直してもらいましょう。


シェアする

B!